オークパーク

オークパーク

デザインコンセプト

オークパーク内観「オークパーク」はシカゴ郊外の街、オークパークにフランク・ロイド・ライトにより数多く建築された住宅の中からイメージして、日本の住環境に合わせて開発されました。欧州の伝統様式が主流だった当時の住宅をライトは「まるで空気穴をくりぬいた箱のようだ」と批判し、独自に空間を開放するような住宅を創り上げました。
人が心地よく過ごせる空間を第一に考える。それは当時、革新的な住宅でした。それから数十年経った現在の日本。再度、人が心地よく過ごせる空間をテーマにして「オークパーク」は生まれました。
フランク・ロイド・ライトが1893年26歳で独立してから17年間、自宅兼建築事務所を構えて第一黄金期といわれる時代を築いた街です。

「オークパーク」は、この街に数多く建築された住宅をイメージし、日本の住環境に合わせて開発されました。欧州の伝統様式が主流だった当時の住宅を、ライトは“空気抜きの穴をくりぬいた箱”と批判しました。そして彼は独自に空間を開放するような、独特の革新的な考えの住宅を創り上げました。「人が心地よく過ごせる空間」を第一に考える。それは当時革新的な住宅でした。それから数十年経った現在の日本。「人が心地よく過ごせる空間」を第一に考えて「オークパーク」は生まれました。

オークパークの詳細についてはこちら